10品目献立★a-chin家の食卓日記

10品目使った献立が目標!毎日のごはん日記

*12/11 海南鶏飯(シンガポールチキンライス)*

海南鶏飯(シンガポールチキンライス)

◇大根とツナのサラダ

◇小松菜・にんじん・コーンの中華スープ

 

f:id:sato1117:20191211205257j:image

 

【使用食材】  10品目

鶏もも肉、生姜、舞茸、長葱、トマト、大根、ツナ、小松菜、にんじん、コーン

 

台湾、シンガポール、マレーシアなど東南アジアで親しまれている【海南鶏飯(ハイナンチーファン)】を作りました。

茹でた鶏肉とその茹で汁で炊いたごはんに様々なソースをかけて楽しむ庶民的な料理で、屋台料理の定番でもあります。

日本ではシンガポールチキンライスや海南(ハイナン)チキンライス、カオマンガイと呼ばれています。

 

今日は炊飯鍋ひとつで手軽に再現してみました。

洗って吸水させた米に塩とごま油を少々。

香りづけに生姜と舞茸のみじん切りを入れました。

あとは下味をつけた鶏もも肉を米の上に乗せていつも通り炊くだけで完成です!

 

ソースは長葱のみじん切りに醤油、ごま油、酢、砂糖、オイスターソースを混ぜたものを用意しました。

本場では醤油ベースのソース、チリソース、生姜ソースの3種類が一般的だそうです。

アレンジするとしたら濃厚なゴマペーストで作るゴマだれや、日本ならではの味噌ベースも鶏肉には合うと思います。

 

ごはんと一緒に炊き上げる鶏肉はジューシーでとても美味しいです。

恐らく茹で鶏を別で作るよりもパサつかずしっとりと仕上がると思います。

私も夫も鶏の皮が苦手なので外してしまいますが、皮なしでも十分美味しいです!

 

ただ、食べ進めるうちに美味しいけれどなにかパンチが足りない感じがしました。

辛味とも違うハーブっぽさが欲しい感じ。

意外とレモンの酸味もいいアクセントになる気がします。

東南アジア系の料理だからナンプラーコリアンダー(パクチー)の独特な香りが合うのかもしれませんが、コリアンダーは苦手だしナンプラーは他に使い道が少なそうなので…

次作る時にはソースかごはんにおろしニンニクを少量プラスしてみようと思います。

まだまだ改良の余地ありです!

*12/10 牛丼*

◇牛丼

◇じゃがいもとトマトのチーズ焼き

◇大根・にんじん・油揚げの味噌汁

◇みかん

 

f:id:sato1117:20191211125349j:image

 

【使用食材】  12品目

牛肉、玉ねぎ、舞茸、生姜、じゃがいも、トマト、チーズ、大根、にんじん、油揚げ、長葱、みかん

 

近所のスーパーで月に2回ほどある和牛半額Dayでゲットした切り落としを使って牛丼を作りました。

長女は肉があまり好きではないので、ほぼ玉ねぎだけの丼😅

それでも美味しいと言ってみんなすぐに完食!

 

子どもの頃、田舎に住んでいた私にとって吉野家の牛丼は憧れの食べ物でした。

中学生くらいになって初めて食べた時のことは今でも覚えています。

お店の雰囲気とか出てくるまでの速さなど、とても印象深い思い出です。

高校を卒業して大きな街に出てきてからは近くに何店舗かありましたが、食べに行った記憶はありません。

身近にないものに対しては憧れがどんどん膨らんで、どうしても食べてみたいとなるんですよね。

 

大人になってからは行きたい場所にも自由に行けるし、食べたいものを好き勝手食べられるし、子どもの頃のような憧れをあまり持てなくなりました。

それはそれで幸せなことですが、ささやかな夢をみてそれを楽しみに生きるのもいいなぁと思ってしまいます。

 

特に今は子ども中心の生活で、自分のことはどんどん後回しになってしまいますが、たまには自分のしたい事を考えて自分のためだけに時間を使うというのも必要かもしれませんね。

年末は夫も長い休みがあるので、子どもたちをお願いして自分のための時間を作りたいです。

 

*12/9 鮭の味噌チーズ焼き*

◇鮭の味噌チーズ焼き

◇冷しゃぶと野菜のおろしポン酢和え

なめこの味噌汁

 

f:id:sato1117:20191209212854j:image

 

【使用食材】  12品目

鮭、チーズ、玉ねぎ、舞茸、かぼちゃ、ブロッコリー、豚もも肉、小松菜、にんじん、大根、なめこ、長葱

 

昨日の夜はおうち焼肉をたらふく食べました。

食い意地を張ってしまい食べ終わってしばらくは苦しくて動きたくないほど…

でもとーっても美味しくて大満足の夜でした!

 

そんな肉祭りの翌日は魚の日。

鮭をメインにしようとメニューを考えるも、ムニエル・南蛮漬け・フライ・ちゃんちゃん焼…どれもピンと来なくてなかなか決まりません。

ごはん支度をしながら迷いに迷って、味噌チーズ焼きに落ち着きました。

味噌とチーズは発酵食品同士なので相性◎

しっぽの方の身を選んだので脂が少なく淡白な鮭に、味噌とチーズのコクがちょうど良いバランスでした。

 

鮭はフライパンで焼いたのですが、皮が全部くっついて剥がれてしまいました。

2年くらい使っているティファールの取っ手が取れるシリーズのものです。

フライパンと鍋がセットになったものを買いましたが一番出番が多い22cmのフライパン。

最近卵がくっついたり肉が焦げ付くようになってしまい、買い換えたい欲がフツフツとしています。

今までは大人2人と子ども2人分のちょっとした炒め物やオムレツを作るのに22cmがちょうど良かったのですが、少し先のことを考えるとワンサイズ大きくしてもいいかもと考えています。

 

今はティファールをメインで使っていますが、結婚した時に鉄のフライパンを3サイズと中華鍋を買いました。

鉄のフライパンで焼く目玉焼きがとにかく美味しくて、夫婦だけの時は鉄のフライパンをメインで使用。

でも鉄のフライパンは必ず油をひかなくてはいけないので、子どもが生まれてからはカロリーが気になりティファールを買ったのです。

でもテフロンは2年でダメになってしまうのか…想像よりも短い。

私の使い方の問題なのでしょうか?

そんな無茶なことはしてないつもりですが…

その点、鉄のフライパンは手入れさえしっかりしていれば一生ものと言われています。

 

ティファールの取っ手はあるので今と同じシリーズの単品を買うか、別のテフロン加工のフライパンを買うか、鉄のフライパンに戻るか。

しばらくは今のフライパンでだましだまし料理をしながら、次のフライパンについて検討しようと思います。