10品目献立★a-chin家の食卓日記

10品目使った献立が目標!大人も子どもも大満足の毎日のごはん日記

*2/18 いわしの香草パン粉焼き*

◇いわしの香草パン粉焼き

◇ササミときゅうりのごまマヨサラダ

◇オニオンスープ

◇いちご

 

f:id:sato1117:20200218213129j:image

 

【使用食材】  9品目

いわし、チーズ、トマト、ササミ、きゅうり、ごま、玉ねぎ、しいたけ、いちご

 

久しぶりに10品目に届かない献立となってしまいました…残念。

昨日からの体の違和感が続いていて、さらに今日はいくつか用事があって出掛けっぱなしだったので、夕方には疲れ果てていました。

あれこれやる事はあるのに頭が働かなくて時間だけが過ぎてしまって焦ります。

さらに、夜ごはん中に長男にコップのお茶を盛大にこぼされ私のズボンがびしょ濡れ、次女がおもちゃ箱ごと転んで口の中を切る怪我をして口が腫れるとハプニング続きで散々な夜でした😱

早く風邪が治ってほしいです。

 

買い物に行ったら新鮮ないわしが安かったので購入。

ただの焼き魚だと子どもたちの箸があまり進まないので、魚の献立には一工夫が必要です。

その中でも食いつきがいいのは断然パン粉系のアレンジ。

 

 

 

いわしは小骨も多いしちょっと不安でしたが、2人ともパクパクと完食してくれました!

 

いわしはお店で3枚おろしにしてもらったものを使用。

小骨を切るように細かく切り込みを入れてから塩こしょうで下味をつけ、糊代わりのマヨネーズを薄く塗って香草パン粉をかけました。

下味の塩こしょう、マヨネーズ、香草パン粉の粉チーズと塩気のあるものが重なってしまい、ちょっとしょっぱい仕上がりになってしまったのが反省点です。

ごはんのおかずとしては◎でしたが塩分の摂りすぎかな?

 

Panasonic・Bistroのグリル機能を使って約10分で焼き上がりです。

両面焼きが可能なグリル機能なので皮面もパリッとしていて美味しく食べられました。

小骨も気にならず子どもも喜んで食べてくれるのでリピート決定!

 

私の周囲ではインフルエンザBが流行中です。

小学校も連続で学級閉鎖になる程欠席が多いとか。

大雪が降ったり春のように暖かくなったり体の調子も狂ってしまいそうな近頃の天気ですが、負けない強い体を取り戻せるようしっかり食べてしっかり寝る!を心がけます。

*2/17 豚バラと野菜の炒め物 おろしポン酢がけ*

◇豚バラと野菜の炒め物 おろしポン酢がけ

◇ポテトサラダ

◇ヨーグルト

 

f:id:sato1117:20200217204121j:image

 

【使用食材】 10品目

豚バラ肉、れんこん、しめじ、長葱、大根、じゃがいも、にんじん、きゅうり、ツナ、ヨーグルト

 

朝起きたら喉がイガイガして、首周辺のリンパにも違和感を感じました。

子どもたちの鼻風邪がようやく治ったタイミングでうつってしまったようです😷

幸いなことに現時点では違和感程度で済んでるので、これ以上酷くならないように栄養と休息を心がけたいと思います。

ここ最近、なんとなく料理に集中できなかったのは体調のせいだったのかもしれません。

 

前回は煮物にしたかたまりの豚バラ肉。

 

 

残りを冷凍しておいたものを炒め物にしました。

合わせた野菜はレンコンとしめじと長葱、豚バラから出た脂で焼きました。

お肉の脂身のブニブニした感じが苦手なのでしっかり焼いて表面をカリッとさせると美味しく食べられます。

 

脂っぽい豚バラは大根おろしとポン酢でさっぱり味に仕上げました。

煮物と同じ豚バラ×大根の組み合わせでも、調理の仕方ひとつで印象がガラッと変わるのが料理の面白いところです。

豚バラと大根の組み合わせは煮物よりも炒め油の方が私の好みでした。

 

喉や鼻の調子が悪いと味見をしても味が分かりづらくてビシッと決まりません。

それに体調が今ひとつの時は食べたいものも思い浮かばないので献立も決まらず困ります。

周りでもインフルエンザの話をチラホラ聞くので、気を引き締め直して予防と回復に努めたいと思います。

 

☆2020バレンタイン〜パルミエを作りました☆

遅ればせながらバレンタインの覚え書きです。

 

今年のバレンタインは冷凍のパイシートを使って一口パルミエを作りました。

パルミエはフランスのお菓子で、ヤシの葉を模した形をしていて大きさは手の平ほどある巨大なパイです。

パルミエと聞いてピンとこない方でも「源氏パイ」という名前なら聞いたことがあるかもしれません。

ハート型の可愛らしいパイでバレンタインにもぴったりです。

 

f:id:sato1117:20200215225307j:image

 

子どもたちはバレンタインの意味はわかっていませんが、お父さんにチョコを作ってあげたい!と言うので、子どもでもお手伝いができて見た目が可愛いものをと考えてパルミエに挑戦しました。

パイシートを使えばあっという間にたくさん作れるし、チョコペンとトッピングシュガーで飾りつけるのが大好きな長女には大ウケでした!

簡単で可愛くてたくさんできるパルミエは、お母さん方の悩みのタネである友チョコにもおすすめです。

 

今回使ったパイシートは10×19cm、幅(10cmの方)を少しだけ伸ばして広げました。

そこに水を薄く塗って全体に砂糖を振りかけます。

あとはパタパタと折りたたんで形を作り、冷蔵庫で冷やし固めてから7〜8mmに切ってオーブンへ。

220℃で予熱→パルミエを入れたら200℃に下げて13分焼きました。

こんがり香ばしい方が好みなのでしっかり目に焼いています。

 

成形は2種類試してみました。

1つ目は両側から三つ折りにして中心で合わせるパターンです。

合わせる面にも接着用に薄く水を塗っています。

 

f:id:sato1117:20200215225228j:image

 

f:id:sato1117:20200215225255j:image

 

焼く前はこんな感じで細長い形です。

これだけ見るとハートになるの?と不安でしたが…

 

f:id:sato1117:20200215225307j:image

 

焼くとこんなに広がってハートっぽくなります!

かなり膨らむというか広がるので、天板に並べる時は間隔をあけたほうが良いです。

それにしてもあの細長いのがぷっくりハートになるから驚きですよね!

切った時に潰れたり歪んだりしますが、多少の変形は気にしなくても大丈夫です。

 

2つ目は両側から中心に向かってクルクル巻いて中心でくっつけるパターン。

 

f:id:sato1117:20200215225820j:image

 

なるべく隙間ができないようにきっちり巻きました。

 

f:id:sato1117:20200215225905j:image

 

こちらも切る時に少し潰れてしまいましたがそのまま焼成

 

f:id:sato1117:20200215230034j:image

 

折りたたむバージョンよりも膨らみは小さくてハートっぽさに欠けます。

でもクルクルとした巻き目?が見えて可愛らしい感じでした。

 

2つの方法を試してみてオススメは1つ目の三つ折りパターンです。

巻くよりも折りたたむ方が簡単だし、焼いた後の形もよりハートに近くなります。

どちらの方法でも多少の歪みや不揃い感は焼いてしまえば気にならないので、子どもでもお手伝い出来ると思います。

 

今回は子どもたちも食べることを考えて、砂糖の量をかなり控えめにして作りました。

美味しさを求めるのであればパイシートに振りかける砂糖を増やして、天板に並べた後さらに粉糖を振りかけて焼くと表面が飴状にパリッと焼けると思います。

パイの実の上面のようなイメージ

 

デコレーションは姉妹にお任せしました。

★長女作★

f:id:sato1117:20200215231305j:image

★次女作★

f:id:sato1117:20200215231345j:image

茶色とピンクのチョコペンでぐしゃぐしゃ描いて、お花の形のトッピングシュガーを乗せました。

ペース配分を考えずにやるので最後の方はトッピングシュガーが足りなくなってるのはご愛嬌ということで(笑)

5歳と2歳にやらせてあげるのはこれが精一杯でした😅

 

我が家のチョコ解禁は3歳なので次女はまだチョコを食べられません。

正直チョコ感はありませんがみんなで食べれるものをということでパルミエにしましたが、思ったよりも美味しくできたので満足です。

バレンタイン用にするのであれば溶かしたチョコをつけるといいと思います。

 

f:id:sato1117:20200215232616j:image

↑チョコをつけるとしたらこんな感じ(ペンで塗りました)

 

4枚のパイシートで100個近く作れた一口パルミエですがもう残っていません🤣

夫とじいちゃんばあちゃんにあげたのが半分弱、私が焼きたてをこっそりつまんで減り、デコレーションしながら姉妹がパクパク、今日の午前のおやつで食べたらゼロになりました〜

シンプルですが後引く美味しさでいくらでも食べられちゃいます。

一口というところが危険ポイントです(笑)

 

あと数年したら友チョコの交換をやりたいと言ったり、好きな子にあげたいと言い出すんだろうなと楽しみです。

試しに長女に「好きの男の子いるの?」と聞くとすぐに「○○くんだよ🥰」と答えが返ってきました!

この前言ってた子と違うぞ⁉︎とさらに掘り下げて聞く私の横で夫は苦笑いをしていましたとさ(笑)